仕組みを把握しよう|不動産投資に失敗はつきもの|そうならないためのあれこれ

不動産投資に失敗はつきもの|そうならないためのあれこれ

仕組みを把握しよう

男の人

みんなで大家さんのメカニズムはなかなかわかりにくいので、初めての方は仕組みを把握することが大切です。まず、みんなで大家さんでは、運営会社が不動産を購入することからスタートします。投資者はここではまだお金を投資しません。それから、運営会社が事業者と契約を締結して家賃収入を確定させます。そうしたことを行った後で初めて投資家を募集します。出資した投資家は投資した分だけ配当を受けることになります。この配当金は主に家賃収入がもとになっています。そのため、空き室が多くて家賃収入が少なくなれば配当金も安くなりますし、逆に家賃収入が確実に入ってくるのであれば、高い配当を当てにすることができるというわけです。これがみんなで大家さんの仕組みです。

みんなで大家さんに初めて投資する人が知るべきことは最低投資金額についてです。一口100万円なので、みんなで大家さんに投資するときには最低でも資金が100万円は必要ということです。これは他の不動産投資と比べても非常に少額です。もちろん、多く投資したい場合は運営会社が設定している口数まで投資することができます。また、配当金についても知っておきましょう。これは年間で6回受けられます。満期は3年以内であることが一般的です。満期にいたるまでにかかる期間が非常に短いです。満期になると元本が戻ってきます。さらに、利率については年間利率が5%から8%程度と高い利率です。これは過去の実績をもとに出された数字なので、信頼することができます。